Power Apps で モデル駆動型アプリを作る(4)


  1. 前回はCDS(CDM?)にカスタムエンティティとして「与信限度額ランク」というマスタを1から作成しました。今回はこのエンティティを使ってモデル駆動型アプリを作ってみます。

作成手順の詳細は「Power Apps で モデル駆動型アプリを作る(1)」と同じなので細かいところはそちらを参照してください。

サイドメニューから「アプリ」を選択。

アプリの作成 > モデル駆動型アプリ を選択。

名前などを入れて「完了」。アイコンは既定の画像でなくても問題ないです。

まずはサイトマップ定義。鉛筆マークを押すと、、

サイトマップデザイナーが開きます。エリア > グループ > サブエリア の順に定義します。まずはエリアから。取りあえず「システム管理」と名付けておきます。

次にグループ。取りあえず「財務会計」とつけておきます。

最後にサブエリア。ここはエンティティとして前回作成した「z_与信限度ランク」を指定します。終わったら「保存して閉じる」を教えてサイトマップデザイナーを閉じます。

既定で出来ているものはそのままにして進みますが、何が出来ているか一応確認しておきます。
まずはダッシュボード。ダッシュボードタイルを選択すると右側にプロパティが表示されます。色々ありますが、今回の与信マスタがらみは無い様です。自分で定義する必要あり、ということでしょう。

次にフォーム。同様に「フォーム」タイルをクリックすると右側にプロパティが表示されます。前回エンティティを作って保存したタイミングでフォームやビューが作成されることを確認しました。その際に自動作成されたフォームが紐づいています。簡易入力フォームが無い理由は、、よくわかりません。。

次にビュー。こちらもエンティティを作って保存したタイミングで作成されたビューが既定で紐づいています。

次にグラフ。こちらは何もないです。エンティティを作って保存した際にも何も出来ていませんでした。

次にダッシュボード。こちらも何もないです。エンティティを作って保存した際にも何も出来ていませんでした。

最後に業務プロセスフロー。一見色々あるように見えますが、与信マスタとは関係ないものしかないです。

一通り終わったら保存して、、

検証します。

ワーニングが表示されました。フォームやビューを「All」にしているのが原因のようなのでこのワーニングは無視します。

問題ないことを確認して「公開」して、、

実行してみましょう。「Play」を選択。

作成したアプリが起動し、アクティブな与信限度ランクビューが表示されました。
定義したサイトマップはサイドメニューに反映されています。

新規でレコードを作ってみましょう。

残念ながら2項目しか表示されません。前回の最後の方で確認した通りです。。

項目の追加が必要ですが、後ほど追加するとして、とりあえずレコードを登録してみます。一つ目の項目に適当にコードをセットし、「上書き保存」を選択。

アプリデザイナーに戻ってフォームのデザイン画面を呼び出します。

フォームデザイナーです。リボンで編集したい対象を選びます。

リボンで「本文」を選ぶとフォーム定義の「全般」が選択されます。

右側のフィールドエクスプローラーからフィールドを追加します。「全般」のところにドラッグ&ドロップすればよいです。

項目の取捨選択が面倒なので今回は全部追加してみました。別名保存します。(そのまま上書きでもいいですが、オリジナルを残しておきたかったので今回は別名保存にしました。)

名前を「情報(全項目)」などと適当につけて保存。

アプリデザイナーでフォームタイルを選ぶと右側に「情報(全項目)」が追加されています。

元々のフォームは使わないのではずしましょう。「All」のチェックを外してメインフォームの「情報」をチェックオフ。その後「保存」を押して、、

検証して、、

公開して、、

改めて「Play」

先ほど作ったレコードをクリック。

レコードの編集画面が表示されました。先ほどは「項目」と「所有者」だけでしたが、色々と項目追加されています。注目すべきは「ステータス」「作成者」「作成日付」「ステータス」が既に設定されていることです。(明示的に入力はしていないので、レコード作成指示にシステムが自動で付与したということです。

与信ランクの説明や与信限度額を入力します。すると「与信限度額(基本)」や「為替レート」「通貨」「修正者」などが自動で設定されます。

ステータスや更新日時などの情報だけならまあ予想の範囲内だと思いますが、通貨や通貨レートが自動で設定されるのは少し意外でした。この辺もCDS/CDMを使うアドバンテージの一つになると思います。

次回は「通貨」を設定する部分の挙動をほりさげてみようと思います。

 

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です