Microsoftアカウントを新規作成する


Micorosfoftの各種製品・サービスを利用するにはMicrosoftアカウントを作成したおいた方が色々と便利です。以下、Microsoftアカウントの新規作成手順を説明します。

作成手順を説明する前に一つだけ注意事項です。
マイクロソフトのサービスを利用するアカウントには「組織アカウント」と「個人アカウント」の2種類があります。前者の代表例はOffice365のアカウント(username@XXXX.onmicrosoft.com)、後者の代表例はHotmail(username@hotmail.com)やOutlookmail(username@outlook.jp)です。両者の違いを現時点で明確に理解していなくてもMicrosoftアカウントは作れますが、以下で説明するのは「個人アカウント」の作成手順であることだけは覚えておいてください。

それでは手順を説明します。 MS公式「新しいMicrosoftアカウントを作成する」の説明に沿って進めます。

動画の下の「account.microsoft.comに移動」をクリックします。

Microsoftアカウントの画面が表示されます。今回は新規作成ですので「Microsoft アカウントを作成」をクリックします。

アカウント作成にあたり、メールアドレスを取得するかどうかを決める必要があります。今回は「新しいメールアドレスを取得」を選択します。以降のステップで例えば「abcd@outlook.jp」というMicrosoftアカウントを新規作成するのですが、同時に新規作成したアカウント「abcd@outlook.jp」をメールアカウントにする、ということです。(新しいメールアドレスを取得しない場合については後述)

新規作成するMicrosoftアカウントのアカウント名を指定します。

例えば以下のように指定できます。@以降は3種類(outlook.jp, outlook.com, hotmail.com)、@以前は任意(ただし、既に使用されているアカウント名はNG)です。指定して「次へ」をクリック。

ロボットでないことを証明するための問題に答えます。文字列を入力して「次へ」をクリック。

作成するMicrosoftアカウントのパスワードを指定します。指定して「次へ」をクリック。

作成されました。

右上のアカウントアイコンをクリックします。指定したアカウント名で作成されていることが分かります。ここで「名前の作成」をクリックします。(名前を登録していないと利用できないサービスがあります。)

以下の要領で姓名を入力し、ロボットでないことを証明する文字列を入力します。その他のプロフィールや画像は任意です。入力後、「保存」ボタンを押します。

名前が登録されました。(Tipsですが、一度サインアウトしてサインインした方が良いです。サインアウトせずに他のサービスをすぐに利用した場合、名前が未登録でエラーになったことがありました。一度サインアウトしてサインインするとエラーが解消しました。)
必須ではないですが、2段階認証は設定しておいた方が良いです。アカウント名の右の「Microsoftにサインインする方法を管理」をクリックします。

電話番号を入力します。SMSが使える場合はテキストを選択して「次へ」をクリック。(Tipsですが、以下の画面ショットのように電話番号の頭のゼロを付けるのではなく、’9099999999’のように指定した方がレスポンスが早いようです。)

携帯電話にSMSで届いたコードを入力します。入力後に「次へ」をクリック。

末尾2桁が自分の指定した電話番号であることを確認して「*********99にSMSを送信」をクリック。

自分が指定した電話番号の末尾4桁を指定して「コードの送信」をクリック。

自分が指定した電話番号のSMSにコードが届いているはずなので、届いたコードを入力して「確認」をクリック。

2段階認証の設定が完了しました。これ以降、このMicrosoftアカウントでサインインしようとする場合、確認コードの入力を求められ、先に指定した電話番号にSMSで届く確認コードを入力するとサインインできるようになります。
更にセキュリティーを強化するために認証用のアプリを利用する方法もありますが、今回はスキップしますので「キャンセル」をクリック。

以下の画面が表示されます。

登録したMicrosoftアカウントがメールアドレスとしても使用できることを確認します。別のタブを新規で開いてhttps://outlook.live.com/にアクセスします。以下のようにブラウザでOutlookが起動するはずです。

 

既存のメールアドレスをMicrosoftアカウントとして登録する場合の手順

既存のメールアドレス(ex. XXXX@gmail.com、XXXX@icloud.com)をMicrosoftアカウントとして登録することもできます。「XXXX@gmail.com」や「XXXX@icloud.com」なのにMicrosoftアカウント、という一見奇妙なものが作成されますが、Microsoftのサービスの各種案内が普段使用しているメールアドレスに届くというメリットがあります。

手順としては、Microsoftアカウント名の指定までは同じです。ここで既存メールアカウントを指定して「次へ」をクリック。

パスワード入力も同様。

パスワードを指定して「次へ」をクリック。

ここで先ほどとは異なり、既存のメールアドレスにメールが送信されます、

既存のメールアドレスに届いたコードを入力して「次へ」をクリック。

ロボットでないことを証明して「次へ」をクリック。

アカウントが作成されました。あとは同じです。

4件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です